落石工法研究会  | フリーネット工法・オープンロックネット工法

資料請求
088-867-2645

オープンロックネット
(ORN工法)
開口型ポケット式落石防護網工

この新工法は、斜面上方からの落石を、大きく開口させたネット部(落石阻止面)に受け入れ、エネルギーを吸収し法尻に誘導させることで道路等に被害を及ぼさないようにする落石防護工です。
また支柱は、落石が直撃した際に「左右に方向転換」や「割れやすくする」などの形状になっており、支柱の損傷を軽減します。

カタログはこちらからダウンロード
※技術資料は、お問合せフォームから御請求下さい

特許登録番号:第6550185号
実用新案登録:第3222949号

【開発の経緯】

ポケット式落石防護網は、長年落石防護工として全国で多くの実績をあげてきました。平成29年12月に落石対策便覧が改定され、性能及び維持管理が重要視されるようになりました。
これまでの十分な実績のある落石防護施設として【慣用設計法】性能実験を行わずに、従来型ポケット式落石防護網として、性能2で設計可能となりました。

しかし課題点も以下の次項が残されています。更なる技術向上を念頭におき、下記の課題を解消することを目標に置き、開発に取り組みました。

● 落石を受け入れるポケットを確保する支柱間隔が、3mと狭いため落石が支柱に直撃する可能性が高く、支柱が破損して機能を失ってしまい、危険性が高い。
● 斜面凹部(谷部)において、支柱の設置が困難である。
● 谷部に設置した支柱は豪雨時に崩壊するなど、支柱の機能を失うことがある。
● 上段横ロープは支柱フランジ部に取り付けられており、偏心しているので支柱の軸力伝達がスムーズでない。
● 作業中の支柱昇降時に落下する危険性が高い為、安全且つ効率良くできないか。

 

そこで、これらの課題を解消し、開発されたのがオープンロックネットです。

オープンロックネットとは

1、支柱間隔を最大12m!支柱への落石直撃率を大幅に軽減、
斜面凹部(谷部)を飛ばすことができるので有効且つ安全です。

従来型ポケット式落石防護網は、支柱間隔が3mと狭いので落石の直撃により、支柱が破損して機能を失ってしまいネット部(落石阻止面)が広範囲に破損する確率が高かったが、支柱間隔を最大12mと大きくすることにより、支柱直撃が少なくなります。

2、支柱高は2.5〜5mまでポケット部を大きくすることが可能です。

支柱高さは従来型の最大4mより、5m(標準)と高くできるので、起伏の著しい斜面でも落石を受け入れるポケットを大きくできるので、飛び越えることなく安全に落石を受け入れることができます。

 

3、落石衝撃分散機能で支柱の落石直撃を大幅に軽減します。

支柱を特殊な形状にすることにより、落石衝撃時に左右へ方向転換、または落石を割って支柱への機能的損傷を防ぐことが期待できます。
支柱のサイズは従来型よりサイズアップし、落石分散補強材を設けたことで、断面補強の効果があり強度アップしています。

 

4、安全性が向上しました。

支柱両側に昇降用のタラップボルトを取り付けているので、安全に昇降することができ、作業を安全に行うことができます。作業終了後は取り外します。

 

5、ネット高の段付き箇所を少なくすることで多くの利点が期待できます。

オープンロックネット(ORN工法)は、支柱間隔が最大12mと大きく広げることができるので、ネット高さの段付を少なくすることができ、経済性、さらに横ロープ長も長くなるので強度面も有利になります。また、支柱アンカーの数量が少なくなる事は、労務の軽減につながります。
現場によっては網の施工面積の減少につながりコストダウンも可能です。

 

 

 

ページトップへ戻る